Yuko Kondo

近藤 佑子

SHOEISHA Co.,Ltd.

翔泳社

Editor of software development. I am an editor of the Japanese web magazine “CodeZine” at SHOEISHA based in Tokyo. I’m also an organizer of “Developers Summit” which is one of the biggest conferences for software developers in Japan. I’m not a developer, but I like participating in meetups, giving sessions and organizing events for developers. Also, I’m a Nintendo nerd and a Kirby fan!

ソフトウェア開発の編集者。私は東京に本社のある翔泳社の日本語ウェブ・マガジン「コードジン」の編集者です。私はまた、日本のソフトウェア・デベロッパーの最大の会議の1つである「デベロッパー・サミット」のまとめ役でもあります。私はデベロッパーではありませんが、ミートアップに参加したりセッションを提供したり、デベロッパーのためのイベントの準備をしたりするのが好きです。私はまた任天堂おたくでカービーのファンでもあります。

The landscape of developer's output in Japan

日本におけるデベロッパーの開発成果の状況

Talk description トーク概要

Many developers produce outputs for their own learning. For example, they write blog articles, give sessions and make indies tech books. As a tech editor, I’ve touched on the outputs of many developers to plan articles for our web media and concept and sessions for our conferences. However, I’ve been thinking I really want to be a fellow developer now. Then, I enjoy producing various outputs for developers as one technology lover. In this session, we will share the status of developer outputs in Japan and how DevRel can relate to these outputs to contribute to the output landscape.

I’d like to talk about these following things:

  1. What kind of output do developers have in Japan?
  2. Practicing output as a non-developer
  3. How do we co-create the information landscape for developers?

多くのデベロッパーは自分自身の学習のためにアウトプットを生み出しています。例えば、彼らはブログ記事を書いたり、セッションを提供したり、独立系の技術書籍を制作したりしています。私は、技術編集者として、私のウェブメディア用の記事や私たちの会議のための概念やセッションを企画するために多くのデベロッパーが生み出した成果に触れてきました。しかし、今では本当は仲間のデベロッパーになりたいと思っているのです。私は、一人の技術愛好家としてデベロッパーのためにさまざまな成果を生み出すことを楽しんでいます。このセッションでは、日本におけるデベロッパーの地位と、成果の現状に寄与するためにこれらの成果にDevRelがどのように関係することができるかについてお話します。

次のことを話したいと思います。

  1. 日本のデベロッパーはどんな成果を生んでいるのか。
  2. 非デベロッパーとして成果を実践する。 
  3. どのようにしてデベロッパー用の情報ランドスケープを共同で生み出すか。