Tiffany Tse

Tiffany Tse

Developer Advocacy Lead

デベロッパーアドボケイトリード

Shopify

Shopify

Tiffany is a Developer Advocacy Lead at Shopify on the Developer Tools and Education Team, based in Toronto, Canada. She also works as a professor teaching web development and interaction design in the York University/Sheridan College Bachelor of Design Program. Tiffany specializes in front end development, accessibility, theming, and user experience. She is passionate about developer education and has previously worked as a chapter lead for Ladies Learning Code, and as a professor at Algonquin College.

Tiffany lived in Ottawa, Canada for 10 years and therefore has a huge appreciation for speaking, teaching, and travelling to cities with warm temperatures.

ティファニーは、カナダのトロントに本拠を置くデべロッパー用のツールと教育チームでShopifyのデベロッパー・アドボケイト・リードです。彼女は、ヨーク大学/シェリダン校のデザイン学士課程でウェブ開発とインタラクション設計を教える教授としても働いています。ティファニーは、フロントエンド開発、アクセシビリティ、テーマ設定、ユーザー・エクスペリエンスを専門としています。彼女は、デベロッパー教育に熱心で、以前レディズ・ラーニング・コードの地区リードとして、またアルゴンキン大学の教授として働いていました。

ティファニーはカナダのオタワに10年間住んでおり、そのため、温かい気温の都市での講演や教育や旅行には非常に感謝しています。

Building Systems at Scale for Accessibility

アクセシビリティ向上のための大規模システムの構築

Talk description トーク概要

How do we build a developer experience that improves the accessibility of our platform? Component driven development helps speed up development time, improve on-boarding as well as build more reliably. As the projects we build become more complex, we can choose to build systems that scale and help to abstract complexity to improve the workflow of developers building on our platform.

This session will show concrete techniques and workflows that Shopify employs to help build accessibility at scale, and provide a better experience for our end users, both developers and our customers.

By thinking about inclusive design and accessibility from the start, we can ensure that the systems we build empower developers to create more accessible experiences for our customers, and create a strong foundation for the future of the web.

プラットフォームのアクセシビリティを改善するデベロッパー・エクスペリエンスをどのようにして構築するか。構成要素単位の開発は、信頼性を増すだけでなく、開発時間を早め、新人研修を改善するのに役立ちます。私たちの構築するプロジェクトがより複雑になるにつれ、私たちは拡大可能なシステムを構築することを選択し、複雑さを抽象化して私たちのプラットフォーム上で開発しているデベロッパーの作業フローを改善するのに役立てることができます。

このセッションでは、Shopifyが大規模なアクセシビリティを構築するのに役立て、私たちの最終ユーザーであるデベロッパーと顧客の両方により良いエクスペリエンスを提供するために採用した具体的な技術と作業フローについて、お話します。

当初からインクルーシブな設計とアクセシビリティを考慮することにより、私たちが構築するシステムがデベロッパーに力を与え、顧客によりアクセスしやすいエクスペリエンスを提供し、ウェブの未来の強力な基盤を作り出すようにさせることができます。