Taylor Krusen

Taylor Krusen

Developer Evangelist

デベロッパーエバンジェリスト

Dropbox

Dropbox

A tech-enthusiast and Japanophile, Taylor Krusen is a Developer Evangelist for Dropbox. He typically spends his time coding, snowboarding, or teaching his little girl the art of mischief. Taylor’s passion for travel, collaboration, and learning have instilled in him a significant appreciation for diversity of thought.

技術愛好家で親日家のテーラー・クルーセンは、ドロップボックスのデベロッパー・エバンジェリストです。普段は、コーディングやスノーボーディングや小さな娘にいたずら書きを教えたりして過ごしています。旅、共同作業、学習に対するテーラーの情熱のおかげで、彼には考え方の多様性に大いに感謝する気持ちが植え付けられました。 2011年に、フェリペ・ホッファは、チリからサンフランシスコに移り、ソフトウェア・エンジニアとしてGoogleに入社しました。2013年以来、彼はビッグデータのデベロッパー・アドボケイトで、世界中のデベロッパーに対し、これまでに経験したことがないような方法でデータを分析し理解するために、Googleのクラウド・プラットフォームのツールを活用するように仕向けています。彼は、いくつかのYoutubeビデオや、ブログ投稿、世界中の会議で見かけることができます。

Teach people to use your API by not being an expert

専門家でない人にAPIを使ってもらうように教える

Talk description トーク概要

Technical knowledge is hard to consume but harder to teach. You’re the expert and need to teach developers about your platform, but how do you keep from losing them in the complexity? In this talk we’ll cover strategies to create educational resources that make complex technical topics feel more approachable. I’ll share my own experience in DevRel and why I think being genuine is far more important than being an expert.

技術的な知識は吸収するのは難しく、教えるのはもっと難しいです。あなた方は専門家であり、デベロッパーにあなたのプラットフォームのことを教える必要があります。しかし、複雑さの中で彼らを失うことがないようにするのにどのようにしていますか。ここでは、複雑な技術トピックをより取っつきやすいものにするための教育リソースを開発する戦略を取り上げます。DevRelでの私の経験と私がなぜ誠実であることが専門家であることよりも重要であると思うかについてもお話します。