Seigo Tanaka

田中 正吾

1ft-seabass

1ft-seabass

Seigo Tanaka
Company Name:1ft-seabass

I have been worked front-end Engineer since 2004 and made interactive contents using Adobe FLASH. Recently. I’m based on front-end technology. I’m going to be related to information and user-interface gradually. ex. IoT, Mixed Reality and AI…

Additionally, I got awards as 2018-2019 IBM Champion and 2018-2019 Microsoft MVP ( Windows Development ). These days I’m involved in DevRel to make connections with outside.

田中 正吾 社名:ワンフットシーバス   私は2004年以来フロントエンド・エンジニアとして働き、Adobe FLASHを使ってインタラクティブなコンテンツを制作してきました。最近、私は、フロントエンド技術に基づいています。徐々に情報とユーザー・インターフェイス 例えば、IoT, 混成現実、AI…に関係していく予定です。 さらに、私は2018-2019年のIBMチャンピオン、2018-2019年のマイクロソフトのMVP(ウィンドウ開発)を受賞しました。最近は、外部と結びつくためにDevRelに関与しています。

Effective DevRel growth! "The multiple DevRel collaboration" methods and tips!

効果的なDevRelの拡大!「多数のDevRel共同作業」の方法と秘訣!

Talk description トーク概要

I talk two important methods as external evangelist,

  • Method1: Polishing together developer experience with other DevRel!
    • This is a method from my Hands-on experience as an external evangelist.
    • I talk that I act its event recently such as IoT devices, UI prototyping tools, and API/Data prototyping tools at same time collaboration.
      • Focusing on respecting each other benefits about these DevRel technologies such as separating their strong points.
      • Each similar strong points such as flow editor atmosphere connect to near thinking each developer especially.
      • Like this, All connecting success to each DevRel show next step creativity for the developer. It’s a fan step up DevRel and developers!
  • Method2: Expanding your DevRel hidden benefits!
    • This is a method from my talk as a speaker with tech collaboration demos.
    • It gets effects that your DevRel expands future and real possibilities naturally. Of course, it outperforms single DevRel alone.
    • I talk that I performed positively various talks and understanding each technology interest distance.
      • Design tool technologies (like Adobe XD) and IoT, VR devices.
        • This case is such as “visualization” interest and “all field prototyping” interest.
      • Various multi-cloud technologies collaboration.
        • This case is such as “freely imagination” interest, “enjoying to input all technology” interest.
      • and more… all cases effect to “uncovering nice future” interest using technology.

When you get these methods from me. You notice that you need the next step such as always continuing to exercise your DevRel, improving other DevRel interest. I would like to deliver it to you!

外部のエバンジェリストとして、二つの重要な方法についてお話します。 

  • 方法1:デベロッパー・エクスペリエンスを他のDevRelと一緒に洗練させる!
    • これは、私の外部エバンジェリストとしての実地体験から生まれた方法です。
    • IoTデバイス、UIプロトタイピング・ツール、API/データ・プロトタイピング・ツールのようなツールを、最近のイベントで同時共同作業で使った時のことをお話します。
      • 強みを分離するといったDevRelの技術について、それぞれに利点に焦点をあてます。
      • 特に考え方が近いデべロッパーにとってのフローエディター・アトモスフィア コネクトのような類似のそれぞれの強み
      • このように、DevRelの成功を全て結び付けることで、デべロッパーが次のステップを生み出すことにつながっていきます。 DevRelとデベロッパーを進歩させることは楽しいものです!
  • 方法2:DevRelの隠れた利点を広げる!
    • これは技術協力デモ時にスピーカーとして話をした時に話した方法です。
    • あなたのDevRelが未来を広げ、自然に現実の可能性を帯びてくるという効果があります。もちろん、単一のDevRelだけの場合を凌ぎます。
    • 私は、それぞれの技術的関心は異なることを理解して、積極的にさまざまなお話をしてきました。
      • (Adobe XDのような)デザイン・ツール技術とIoT, VRデバイス
        • この場合は、「ビジュアライゼーション」への関心や「オール・フィールド・プロトタイピング」に対する関心などです。
      • さまざまなマルチ・クラウド技術の協力
        • この場合は、「自由なイマジネーション」に対する関心や「全ての技術を取り入れることを楽しむ」関心などです。
      • さらに、技術を用いて「素晴らしい未来を発見すること」に対する関心は全ての場合に当てはまります。

あなたがこれらの方法を私から学べば、他の人のDevRelへの関心を改善しつつ、常にあなたのDevRelを実践し続けるというような次のステップを必要とすることに気がつきます。私はそれを提供したいのです!