JJ Asghar

JJ Asghar

Developer Advocate

デベロッパーアドボケイト

IBM

IBM

JJ works at IBM on the IBM cloud as a Developer Advocate. He’s focusing on the IBM Kubernetes Service trying to make companies and users have a successful on boarding to the Cloud Native ecosystem.

He lives and grew up in Austin, Texas. He enjoys a good strong stout, hoppy IPA, and some team building Artemis, madding Dwarf Fortress or Rimworld or pair programming cluster Factorio. He’s a member of the Church of Emacs, though jumps into Vim on remote machines. He usually chooses Ubuntu over CentOS, but secretly wants FreeBSD everywhere. He’s always trying to become a better Ruby developer, but flirts with Go, Rust, and only when he has to, Node. A father and husband, if he’s not trying to automate his job away he’s always to convince his daughters to “be button makers not button pushers.”

JJはIBMでデベロッパー・アドボケイトとしてIBMクラウドの仕事をしています。彼は、企業やユーザーがクラウド・ネイティブ・エコシステムをうまく導入することができるように、IBM Kubernetesサービスに力を入れています。

彼は、テキサス州オースチンで育ち、生活しています。彼は、良質の強いスタウトビール、ホッピーIPA、いくつかのチーム・ビルディング・アルテミス、狂乱のドワーフ・フォートレスやリムワールドあるいはペア・プログラミング・クラスターのファクトリオを楽しんでいます。彼は、リモートのマシンではヴィムに乗り換えていますが、イーマックス教会のメンバーです。彼は、通常はCentOSよりはUbuntuを選びますが、密かにFreeBSDを普及させたいと思っています。彼は、常に優秀なRubyのデベロッパーになろうとしていますが、Go, Rustと浮気することもあり、そして選択の余地がない時にはNodeを使うこともあります。父親であり夫であり、自分の仕事を自動化しようとしていない時は、いつも娘に「ボタンを押す人ではなく、ボタンを作る人になりなさい」と説得しています。

Lessons Learned from Cultivating Open Source Projects and Communities

オープンソース・プロジェクトとコミュニティを育てることから学んだ教訓

Talk description トーク概要

Over the last decade, I’ve had the privilege professionally of building and cultivating some Open Source projects and communities. To start off this isn’t a tools talk, this is a talk about the soft skills you have to have to be able to succeed as a leader in an Open Source project. My journey started tending the frequently asked questions for a small Linux Distribution called CRUX, and then years later professionally moved to the OpenStack-Chef project to build OpenStack clouds. I’ve grown other projects along the way helped build tooling and communities some successful and still running today, others were just flashes in the pan.  I’ve learned a ton on this journey; honestly still am, but I have some lessons that are hard learned and hopefully I warn pitfalls that can cause wasted cycles and pain.

I’ll be going over:

  • This isn’t a tools talk
  • Scoping your project
    • Personally-backed
    • Corporate-backed
  • Empathy and audience is important
    • Celebrations
    • Defeats
  • Successful traits of Open Source projects
    • Trust
    • Clear Vision
    • Have a plan to move on if needed
  • Honestly, is it even worth this hassle?

ここ10年の間、私は職業上幸運にもいくつかのオープンソースのプロジェクトとコミュニティを構築し育ててきました。最初に行ったのはツールの話ではなく、オープンソースのプロジェクトのリーダーとして成功するために備えていなければならないソフトスキルについての話でした。 私の旅路は、CRUXと呼ぶ小さなリナックス・ディストリビューション用のよくある質問に対応することから始まりました。その後、何年か後、職業的にはオープンスタックのクラウドを構築するオープンスタック-シェフ・プロジェクトに移りました。私は他のプロジェクトも育て、その過程でツールやコミュニティを構築する手伝いもしました。中には成功し今日も稼働してるものもありますが、他は単に一時的な成功でした。 この旅路で多くのことを学びました;正直に言って、未だに学んでいます。しかしいくつかの教訓は苦しんで学んだもので、無駄なサイクルや痛みを起こす原因となりうる落とし穴について警告できると思います。

それらについてご説明します:

  • これはツールの話ではありません。 
  • プロジェクトを詳しく調べる。 
  • 個人的が支援している。 
  • 企業が支援している。
  • 共感と信奉者が重要です。 
  • お祝い 
  • 敗北
  • 成功するオープンソース・プロジェクトの特徴 
  • 信頼 
  • 明確なビジョン 
  • 必要であれば転職する計画を持つ。
  • 正直に言って、こんなに面倒なことをする価値がありますか。