Charles Pretzer

Charles Pretzer

Field Engineer

フィールドエンジニア

Buoyant

Buoyant

Charles Pretzer is a field engineer at Buoyant, where he spends his time collaborating and engaging with the open source community of the CNCF service mesh, Linkerd. He also enables production level adoption by helping companies integrate Linkerd into their Kubernetes based applications. Charles has spoken at meetups and conferences hosted by ABN Amro, Macnica, and at the NGINX Conference. When he’s not presenting or in hacking away at his computer, he’s riding a motorcycle or making a delicious mess in the kitchen.

チャールズ・プレッツァーはBuoyant社のフィールド・エンジニアで、CNCFのサービス・メッシュであるLinkerdのオープンソース・コミュニティと協力し同コミュニティに関与するのに時間を費やしています。彼はまた、企業がLinkerdをKubernetesベースのアプリに統合するのを助けることにより、プロダクション・レベルで採用してもらえるようにしています。チャールズは、ABN Amro, Macnicaが主催するミートアップや会議やNGINX会議で講演してきました。彼が発表したりせず、あるいはコンピュータから離れている時には、自転車に乗るか美味しい料理を作って台所を汚しています。

Leveraging Previous Work Experience to Start a DevRel Career

DevRelのキャリアを始めるために以前の職務経験を生かす

Talk description トーク概要

The practice of Developer Relations requires a wide breadth of knowledge AND the ability to communicate that knowledge with members of your community.

This talk is aimed at individuals looking to start a career in developer relations as well as current practitioners who are seeking to advance their current practice.

We gain knowledge in several ways, and one of those ways is through experience. That experience is not limited to our own experience, we can also gain knowledge through the experiences of other.

The purpose of this talk is to reflect on a 20+ year career in technology and identify notable pieces of experience that can be applied to our practice as developer relations. Among these experiences are:

  • Providing customer support directly to customers
  • Leading a customer support team
  • Working on projects as part of an engineering team
  • Managing engineering projects
  • Architecting and developing solutions within the constraints of customer requirements
  • Understanding that some development constraints require creative solutions that are not found in tutorials
  • Presenting to private and public audiences

By selecting aspects of the various roles, attendees will walk away with an understanding about how our personal experiences can become toolkits for strengthening our DevRel practice.

デベロッパー・リレーションの実践には幅広い知識とともにコミュニティのメンバーにその知識を伝達する能力が必要となります。

この話は、現在のやり方をさらに発展させたいと思っている既にに実践している人だけでなく、これからデベロッパー・リレーション分野で仕事についきたいと考えている個人に向けたものです。

私たちはいくつかの方法で知識を得ており、その1つの方法は経験を通じたものです。その経験は、自分自身の経験に限ったものではありません。私たちは、他人の経験からも知識を得ることができます。

この話の目的は、技術分野での20年以上のキャリアを振り返り、デベロッパー・リレーションとして実践に応用可能な注目に値する経験を明らかにすることです。これらの経験の中には次のようなものがあります:

  • 顧客サポートを顧客に直接提供する。
  • 顧客サポート・チームを主導する。 
  • エンジニアリング・チームの一員としてプロジェクトで作業する。 
  • エンジニアリング・プロジェクトを管理する。
  • 顧客要件の制約内でソリューションを設計し開発する。
  • いくつかの開発上の制約は、指導書では見つからない創造的なソリューションを必要とするものだということを理解する。
  • 私的ならびに公的な聴衆に発表する。    

さまざまな役割の一部を選ぶことにより、出席者はどのようにすれば私たちの個人的な経験がDevRel活動を強化するツールキットになりうるかにつき理解してもらえるものと思います。