Arkodyuti Saha

Arkodyuti Saha

Microsoft

Microsoft

Arkodyuti is a Developer Relations Program Manager from India as a part of the Cloud Advocacy at Microsoft. He’s is an Open Source enthusiast who writes code and loves to engage in developer communities. He has worked with many developer communities impacting Digital Literacy, Internet Health in India and has run a few of India’s biggest open source hackathons for more than 4 years now. His intentions towards joining the credo of DevRel is simple, “help developers.”

アーコデュティは、マイクロソフトのクラウド・アドボカシーの一員でインド出身のデベロッパー・リレーションのプログラム・マネジャ-です。 彼は、オープンソース愛好家で、コーディングをしており、デベロッパー・コミュニティで働くのが大好きです。彼は、インドのデジタル・リテラシー、インターネット・ヘルスに影響を与えている多くのデベロッパー・コミュニティで働き、4年以上にもわたって2~3のインド最大のハッカソンを運営してきました。DevRelの信条に対する彼の意図は、単純で「デベロッパーを助ける」です。

Breaking the DevRel Stereotypes – Fly less; Impact more

DevRelのステレオタイプを壊す-時間をかけずに大きな影響を与える

Talk description トーク概要

Developer Relations is a misunderstood role today. It’s not always about hopping to multiple continents every week and delivering talks/technical sessions. Yes, the credo includes developer advocates/evangelists/marketing managers but guess what the core intention for all of them is to “help developers” and drive Modern Developer Psychology- where we aim to encourage developers today to shape their developer journey to write, speak and code.

This talk will be more of storytelling many crowdsourced experiences – about what I’ve learned from developers about Code, Content & Community.

デベロッパー・リレーションの役割は、今日誤解されています。それは、毎週多くの大陸を飛び回り、講演をしたり/技術セッションを提供したりすることでは必ずしもありません。確かに、その信条には、デベロッパー・アドボケイト/エバンジェリスト/マーケティング・マネジャーが含まれますが、それら全ての中心となる意図は何か分かりますか、それは「デベロッパーを助けること」であり、デベロッパーが、書き、話し、コーディングするデベロッパーの旅路を形成することを励ますことを目指すモダン・デベロッパー・サイコロジーを推進することです。

この話は、コードやコンテンツやコミュニティについてデベロッパーから学んだことについてクラウドソースした多くの体験物語と言った方が良いものです。