DevRelCon Tokyo 2020中止のお知らせ

13 Feb 2020 information
DevRelCon Tokyo 2020中止のお知らせ

DevRelCon Tokyoは国内外から多数の方が参加されるグローバルなカンファレンスです。今年に入ってから、日本におけるコロナウイルスの状況について心配する連絡を多数受けていました。企業によっては日本を含むAPACへの出張を取りやめる企業も出始めています。

日本と中国の状況は異なり、アジアという枠で一括りにしないで欲しいとは常々連絡していました。また、クルーズ船は国内とはまったく異なる状態であるとも説明してきました。日本におけるコロナウイルスは政府のコントロール下にあり、重病者もほとんどいませんでした。

その状況が変わりはじめたのが先週くらいからです。国内ではじめて亡くなられた方がいると発表され、日々感染者も増えています。大規模イベントの自粛要請もはじまっています。

DevRelCon Tokyoは年一回のカンファレンスであり、国内にいながらグローバルなカンファレンスの雰囲気を味わえる唯一無二の機会となっています。DevRelCon Tokyoに参加する参加者、スピーカー、スポンサー、そして運営メンバー全員がカンファレンスを心の底から楽しいと感じ、DevRelの可能性を強く感じてもらうのが第一の目的です。現状のようなコロナウイルスに怯えながら、マスクや消毒液を常に気にするような中では楽しむことなど不可能でしょう。

また、DevRelCon Tokyoは予算の関係もあり、IBMさんやYahoo! JAPANさんの場所を借りて実施される予定でした。もしカンファレンスを強行して、DevRelCon Tokyoがコロナウイルスを広げるきっかけになるというのは、会場を貸してくださる企業のブランディングにも傷を付けることになります。快く貸してくださっている企業に対して、そうした行為はとてもできません。

そういった事情を踏まえた上で、メインの主催者である私(中津川篤司)の独断により、DevRelCon Tokyo 2020の中止を決定しました。全責任は私にありますので、何かあれば [email protected] までご連絡ください。

なお、DevRelCon Tokyo 2020は私の中では死んではおりません。コロナウイルスの状況が不透明な中、確実なことを書くのは難しいのですが、2020年秋ごろ(オリンピック、パラリンピックが終わってから)を目安に、再度行えるように企画中です。こちらは詳しい状況が決まり次第、当サイト上やソーシャルアカウントを通じて発表します。

何よりDevRelCon Tokyoを楽しみにしていただいた方々を裏切る形になってしまったことが残念でなりません。半年後、今回の決定が間違っていなかったこと、そういうこともあったよねと語れる状態になっていることを期待します。

中津川篤司@DevRelCon Tokyo 2020主催者