DevRelCon Tokyo 2020: Code of conduct

DevRelCon Tokyo 2020:
行動規範

All attendees, speakers, sponsors and volunteers at our conference are required to agree with the following code of conduct. Organisers will enforce this code throughout the event. We are expecting cooperation from all participants to help ensuring a safe environment for everybody.

カンファレンス参加者、スピーカー、スポンサー、ボランティアはすべて、以下の行動規範に同意する必要があります。主催者はイベントを通じてこのルールを実施します。すべての参加者からの協力を得て、皆にとって安全な環境を確保することを期待します。

tl;dr: Don’t be a Jerk

結論:嫌われるような行為は慎め

Need Help?

サポートが必要ですか?

You have our contact details in the emails we've sent. You can always use [email protected]

送信したメールに連絡先の詳細があります。あなたはいつでも [email protected] に連絡できます。

The Quick Version

短い版

Our conference is dedicated to providing a harassment-free conference experience for everyone, regardless of gender, age, sexual orientation, disability, physical appearance, body size, race, or religion (or lack thereof). We do not tolerate harassment of conference participants in any form. Sexual language and imagery is not appropriate for any conference venue, including talks, workshops, parties, Twitter and other online media. Conference participants violating these rules may be sanctioned or expelled from the conference without a refund at the discretion of the conference organisers.

私たちは性別、年齢、性的指向、身体的外見、身体の大きさ、人種、宗教(またはその欠如)にかかわらず、誰もがハラスメントがないカンファレンスを提供します。私たちは、いかなる参加者への嫌がらせも容認しません。性的な言動や画像はカンファレンス、ワークショップ、パーティー、Twitterなどのオンラインメディアを含むあらゆる場所で容認されません。これらの規則に違反している参加者は、主催者の裁量で払い戻しなく、会場から退場させられる可能性があります。

The Less Quick Version

長い版

Harassment includes offensive verbal comments related to gender, age, sexual orientation, disability, physical appearance, body size, race, religion, sexual images in public spaces, deliberate intimidation, stalking, following, harassing photography or recording, sustained disruption of talks or other events, inappropriate physical contact, and unwelcome sexual attention.

Participants asked to stop any harassing behavior are expected to comply immediately.

Sponsors are also subject to the anti-harassment policy. In particular, sponsors should not use sexualised images, activities, or other material. Booth staff (including volunteers) should not use sexualised clothing/uniforms/costumes, or otherwise create a sexualised environment.

If a participant engages in harassing behavior, the conference organisers may take any action they deem appropriate, including warning the offender or expulsion from the conference with no refund.

If you are being harassed, notice that someone else is being harassed, or have any other concerns, please contact a member of conference staff immediately. Conference staff can be identified as they'll be wearing branded t-shirts.

Conference staff will be happy to help participants contact hotel/venue security or local law enforcement, provide escorts, or otherwise assist those experiencing harassment to feel safe for the duration of the conference. We value your attendance.

We expect participants to follow these rules at conference and workshop venues and conference-related social events.

性的嗜好、身体的外観、身体の大きさ、人種、宗教、公共空間における性的イメージ、意図的な脅迫、ストーキング、フォロー、嫌がらせの写真撮影または録音、交渉の中断などの不快な口頭によるコメントが含まれます。イベント、不適切な身体接触、および不快な性的注意を含みます。

参加者はどんな嫌がらせ行為であっても、今すぐ止めるよう求められます。

スポンサーはまた、ハラスメント防止ポリシーの対象です。特に、スポンサーは性的なイメージや活動、その他の資料を使用すべきではありません。ブースのスタッフ(ボランティアを含む)は性的衣服/制服/衣装を使用、またそういった雰囲気を作らないようにしてください。

参加者が嫌がらせ行為を行っている場合、主催者は、その方への警告や退場命令など、適切と判断した措置を講じることができます。

あなたが嫌がらせを受けている場合や、誰かが嫌がらせを受けていることに気づいたり、その他の懸念がある場合は、すぐにスタッフに連絡してください。カンファレンススタッフは専用のTシャツ・パーカーを着用しているので、すぐに特定できます。

カンファレンススタッフは、会場のセキュリティや地元の法執行機関への連絡、エスコート、ハラスメントに対するサポートなど、カンファレンス期間中の安全確保に努めます。あなたの参加を大切にします。

参加者は、カンファレンスやワークショップ会場、会議関連の懇親会イベントでこれらのルールに従うことを期待しています。

Original source and credit: http://2012.jsconf.us/#/about & The Ada Initiative

元のソースとクレジット:http://2012.jsconf.us/#/about & The Ada Initiative

Please help by translating or improving: http://github.com/leftlogic/confcodeofconduct.com

翻訳や改善にご協力ください: http://github.com/leftlogic/confcodeofconduct.com

This work is licensed under a Creative Commons Attribution 3.0 Unported License

この作品はCreative Commons Attribution 3.0 Unported Licenseの下で公開されています。